ニュース

ドコモが子会社になればどうなる?メリットなどについて調査!

2020年9月29日のニュース報道であったNTTがドコモを子会社にするニュースで世間を騒がせています。

なぜこのタイミングなのか?子会社になればドコモはどうなるのか?メリットはあるのかなど疑問に思うことを中心についてお伝えしていきます。

ドコモが子会社になればどうなる?

年内に完全子会社化が決まったドコモですが、気になるのはこれからどうなるかについて見ていきましょう。

今回の完全子会社化の目的について

  • ドコモの競争力強化
  • ドコモの成長

となっていますが、NTTとdocomoがどのような動きなのか説明します。

NTTは現在docomoの株約66%保有

NTTはdocomo株の残り約34%をTOBでを取得する方向

買い付け額4.3兆円(国内のTOBの最高額)

完全子会社化・成立するとdocomoは上場廃止

これによって狙った意思決定の迅速化ができる事で収益改善や大きな収益が望まれることを目的としていると思われます。

 

ドコモの成長とありますが、これはドコモ口座のことを言っているこかはわかりませんが関係はあるのかもしれません。

ドコモ口座×銀行の不正利用の被害内容まとめ!原因や問題点について七十七銀行の口座情報を不正入手、ドコモ口座を第三者が開設し預金を不正に引き出していた被害が発生しているそうなんです。 被害は数人に...

 

結果…国内事業に特化したdocomoは仕事の効率化をする事により携帯料金に値下げに対応する・対応ができる事に繋がります。

ではこのタイミングにはdのような理由があるのか見ていきましょう。

なぜこのタイミングなのか?

世間ではなぜこのタイミング?なぜ子会社化にするのか?疑問の声がちらほらあります。

結論…お客にいいサービスを提供したいことがこのタイミングと大きく関係していると思われます。

 

やはり政府からの携帯料金値下げが大きく関係している?声もありましたが、ドコモと言えば知らない人はいないぐらい大手ですが、大手の中でも収益の落ち込みがあると言われています。

海外企業の出現によって更に競争が激しくなることは予想できていますし、これを機会に視野を広げ他社に打ち勝つような熱意も感じられます。

格安ケータイが支流になりつつある今docomoの完全子会社化によって格安になる事を望んだり、楽しみに待っている方も少なくないと思います。

そうなれば、このタイミングの理由も納得がいきますし、格安ケータイに変えようとしている人は悩みますよね?docomoから新しいプランで格安が出るかもしれないとなれば、今、変更する必要はないしドコモからの発表を待ちますよね?

年内には大きな発表があり、来年にはそれに向けて動いていくのではないでしょうか。

国内特化で大きな発展が予想される

今の時代ははもっと視野を広くしていかないと競争には勝てないと言われていましたが、年内に完全子会社化することで、来年に向けた案を年内に発表するのではないでしょうか。

いいサービスとは何?

 

何だと思いますか?私たち利用者が喜ぶサービスなのか?

想像できるのは、料金安い・使いやすい・通信が早い・壊れない・バッテリー長持ちや交換などが客層からのいいサービスなのか?

docomoがこれから展開していくテーマがいいサービスだとしたら、これら全てを兼ね備えたサービスになっていくのではないでしょうか。

私の考察になってしまいますが、このぐらいしないと他社との競争やいいサービスとは言えないのでは?

乗り換えるとしたら、他社からdocomoにしたい時、スムーズな乗り換えが出来れば一番理想ですね。

私の地元のdocomo店舗は対応が決していいとは言えず、何時間も待ったのにこの対応か~となったこともあり、他社に変えたこともあります。

なので今回の展開次第で、またdocomoしたい、やっぱりdocomoだよね!と言ったような展開を期待している方もいると思います。

メリットなどについて調査!

ではどんなメリットがあるのか?大きなメリットがあると言えます。

海外投資で大きく失敗していることはご存じでしょうか?このことからも子会社化になったことよって意思決定の迅速化による大きなメリットがあります。

通信料に依存していたが、子会社になることでNTTとして新しいビジネスの構築ができる事が最も大きなメリットなのではないでしょうか。

依存していたことが海外投資で大きく失敗した原因なのでは?

一本道が何本もの道に開拓され大きな発展先ができ、さまざまなビジネスに対応していけるのではないでしょうか?

約4兆円以上のメリットがあると予想できます。

他には、すぐにはメリットはないですが…端末の利用者の負担が軽減されるのでは?上記のことからも予想できますが、経済的にも利用者が納得のいく展開が見られる予想ができます。

子会社の発表から行動までタイムロスがすくなからずあるはずですが、子会社化する事によって単独で運営できることは大きなメリットなのではないでしょうか。

まとめ

ドコモが子会社になればどうなる?

ドコモが子会社になればどうなる?メリットなどについて調査!

メリットなどについて調査!

についてお伝えしてきましたが、まとめると…

  • 意思決定の迅速化
  • いいサービスの提供をしたい
  • 国内特化で大きな展開?
  • 4兆円以上のメリットか?

docomoが完全子会社化する事によって大きな展開が予想される中、楽しみにしている人や戸惑いの声もありましたが、利用者や通信料以外での展開に期待したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。