名探偵コナン

名探偵コナンエピソードONEで灰原(シェリー)が最後サインした後に笑う理由なぜ?

名探偵コナン エピソード“ONE”小さくなった名探偵は2016年に金曜ロードショーで放送された特別番組になります。

コナンは見たりしているけど、そこまで詳しくはない、あまり知らない方も灰原哀(小さい女の子)の名前ぐらいは聞いたことはあると思います。

エピソード“ONE”で宮野志保(大人の姿の灰原哀)が登場します。

そこで観ている方が宮野志保(大人の姿の灰原哀)について、最後サインをしてからにやける理由や疑問に思うことをまとめて解説や考察をしていきます。

名探偵コナンエピソード”ONE”で灰原(シェリー)が最後サインした後に笑う理由なぜ?

宮野志保(シェリー)が最後にShellyのサインをした後にニヤリと笑っていました。なぜ笑っていたのか?考察していきます。(ネタバレなど含まれるかもしれませんのでご注意下さい)

それはズバリ・・自分の研究の成果がやっと出たので喜んでいると思われます。なので工藤新一の身元は不明だったのが死亡に変わりました。これは明らかに、これからの研究内容として使いたいから死亡に変えたことが浮上してきます。

では、この確信がニヤリと笑うまでの経緯を確認・解説・考察していきましょう。

工藤新一に小さくなる薬(APTX4869)アポトキシンよんはちろくきゅうを使用してから数か月後、工藤新一の身元確認の為、調査しに工藤宅に向かうシェリー達、そこで調査中シェリーにある出来事が…

机上のデート写真を見てニッコとしますが、笑っていても目が笑っていない表情をします。このあと回想シーンで新一と蘭がいっしょに歩いている姿を目撃したのを覚えているシーンが流れます。

この時、工藤新一の家に来てはいるけど顔は知らないので、こいつが工藤新一!あの時すれ違った弥津だなと思ったのではないでしょうか。

すれ違っただけなのによく覚えていますよね?宮野志保(シェリー)はこの時から工藤新一がもしかしたら気になっていたかもしれません。一瞬すれ違っただけなのに。

クローゼットの中で見た物は空の段ボール!そこに書かれていた言葉は『新ちゃんの子供服♡』これを見たシェリーは・・・また回想

喫茶店で姉(たぶん)との会話で工藤新一と江戸川コナンの話がでる中、気付くポイントは家が近所でコナンがなんか変わっている子供なのに落ち着いている、大人っぽいと姉に言われ宮野志保(シェリー)は心の中で・・

目をシャッキーンとギラつかせて・・なるほど!と呟いています。

この一連から工藤新一は江戸川コナンと名乗って生きている事を確信・同一人物だと思ったシェリーはますます工藤新一に興味がわいたのではないでしょうか。

工藤新一と宮野志保(シェリー)がどう関連していくのか楽しみですね。

作品中の宮野志保(シェリー)の疑問をまとめてみた

疑問点ですがOPが始まってからすぐ2つの事に疑問を思う方が多いと思いますので、考察していきます。

まずは、右上の画像の薬品を混ぜて何飲んでいるの~これはコーヒーです。

詰め替え用のコーヒーと砂糖(ミルクかも)の粉入れ物(ケース)がないので仕方なく薬品の500gビンに入れたと思われます。

コーヒーを飲む際にミルクを入れていれば色が変わるのに黒いままなので砂糖なのでは…

2つ目はPCでネズミ生体を確認中にある異変に気付き誰かに電話しています。その電話相手は誰なのか?

それは、宮野志保(シェリー)の姉だと思われます。電話の最中に2人の女性の写真がアップされているので、この電話は姉です~みたいな表現なので・・灰原はキツイ性格のイメージなので親族(姉)にまず連絡しそうです。

宮野志保(シェリー)の謎が深まりますね!気になる方は原作マンガを読んで下さい。

まとめ

名探偵コナンエピソードONEで灰原(シェリー)が最後サインした後に笑う理由なぜ?

作品中の宮野志保(シェリー)の疑問をまとめてみた

についてお伝えしてきましたが、まとめると…

  • 研究が成功して喜んでいると思われる
  • シェリーは工藤新一に興味がある

疑問に思うことについて解説や考察をしてきましたが、作品をご覧になって気になる事が解決出来れば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。