名探偵コナン

【名探偵コナン】みつひこ(円谷光彦)がうざいし嫌い?嫌われてる理由まとめ

【名探偵コナン】に登場する人物の円谷光彦(つぶらやみつひこ)

みつひこは頭がいい、天才などとも言われていますが、なぜうざい・嫌い・嫌われているのいるのでしょうか?

げんた君と大違いで小学生なのにちゃんと敬語も使えるのに…なぜなの?その理由についてまとめましたのでお伝えしていきます。

【名探偵コナン】みつひこ(円谷光彦)がうざいし嫌い?

【名探偵コナン】に登場するキャラクター、円谷光彦(つぶらやみつひこ)がうざいと思っている人はどの位いるのでしょうか?気になりますね。

天才、頭がいいだけではダメなのか、さっそくネットでの声を聞いていきましょう。

げんたと比べてしまうと、大したうざがられ方ではないですね…ただ気になったのが、みつひこが灰原といるのは嫌いだの書き込み気になりませんか?

気になる~!天才、頭がいいところを活かして灰原に近づいているのかもしれません…一緒にいるだけで嫌われてしまうので、かなりの理由がありそうです。

では、円谷光彦(つぶらやみつひこ)が嫌われている理由と灰原とどんな関係で上記のような理由になってしまったのかについて見ていきましょう。

光彦と灰原の関係を知る前に気になる方はこちらも!

江戸川コナン失踪事件で灰原哀がコナンに薬をあげない理由はなぜ?考察してみた【名探偵コナン】江戸川コナン失踪事件~史上最悪の2日間~2014年にコナン20周年のスペシャル番組として制作されました。 作品の最...

みつひこ(円谷光彦)が嫌われてる理由まとめ

どうやら灰原信者からの怒りを買い格好の的になっているようで、嫌われている原因は光彦が灰原に何かしたのが理由だと思われます。

他にも嫌われている理由がありそうなので見ていきましょう。

①212・213話 きのこと熊と探偵団(前後編)

213話で光彦の二股発覚…コナンからは、とっても光彦の手に負えないから灰原だけはやめておけとコナンから心配されて声をかけられていました。

この時に二股が発覚し、あゆみちゃんが好きだったのに灰原も好きなの?この二股男、優柔不断、はっきりしろよなど言われていました。

まあぁ~小学生ならこんなもんですかね!

コナンへのライバル意識が強くて、あゆみちゃんも灰原さんも取られたくないと思っているのではないでしょうか。

➁722・723話 甘く冷たい宅配便(前後編)

723話で、完全に標的にされてしまいました。

凍死しかけた光彦が灰原に二人羽織り状態になって体を温めてもらうこのシーンで灰原ファンのスイッチがONになり、光彦がネットで嫌われている理由の一つです。

妬みや嫉妬があるのは事実です。人気のある灰原が光彦に~~悔しい~光彦~なんでお前なんだよ~!こんな感じだと思います。

➂コナンと比較してしまう

天才と言われるほど、小学生にしては知識が豊富なのに比較してしまう理由があります。

同じクラス、同じ探偵団で、コナンを出し抜こうとする姿を見るとコナンに任せておけばいいんだよ!といつも思ってしまうことから、光彦がコナンに対しライバル心がある為に比較してしまう。

推理するが当たりもしないのにコナンを変に笑うし、笑い方が…嫌い

小学生にしては凄いのに、出し抜こうとしなければ比較しないと思います。やはりコナンくんには負けない。あゆみちゃんと灰原さんにカッコいいとこを見せたいんでしょうね。逆効果に思えますが…

マイナス面もありますが、光彦は自分の長所を押した結果マイナスに繋がっていると思われるので素晴らしい一面に期待です。

みつひこ(円谷光彦)の素晴らしいところ

小学一年生にしてあの知識量はハンパないです。コナンや灰原が居なけければ名探偵光彦になっていたかもしれません。

円谷光彦(つぶらやみつひこ)が活躍する回 289・290話『迷いの森の光彦』(前後編)をご覧下さい。

コナンの手助けやコナンよりも早く推理してしまうこともあるとか?今は小学生なので将来名探偵になって、コナンのライバルになる可能性もゼロではないと思います。

まとめ

【名探偵コナン】みつひこ(円谷光彦)がうざいし嫌い?

みつひこ(円谷光彦)が嫌われてる理由まとめ

みつひこ(円谷光彦)の素晴らしいところ

についてお伝えしてきましたが、まとめると…

  • 灰原ファンからものすごい悪い評判
  • あゆみちゃんも灰原さんも大好き
  • コナンくんへのライバル心からマイナスに繋がっている?
  • 289・290話『迷いの森の光彦』を観る

光彦の話題はたくさんありますね。

灰原ファンからの嫉妬されてしまうのは仕方ないですが、コナンへのライバル心は少し抑えた方がよさそうです。

迷いの森の光彦を観れば、もしかしたら光彦ファンになるかもしれませんよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。