トレンド

るろうに剣心の映画2021はお蔵入り?延期や中止にならない理由を考察

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』2021年GWに2部作の公開が決まっておりましたが、伊勢谷友介さんの逮捕により実写映画るろうに剣心の公開がどうなるのかネットで話題になっています。

本日は映画公開はどうなるのかについて考察としてお伝えしていきます。

るろうに剣心の映画2021はお蔵入り?

結論から言うと・・・映画は公開すると考察しております。

るろ剣の最終章では四乃森蒼紫は登場しなくても映画が成り立つのではないでしょうか?正直なところ四乃森蒼紫はどこで出るのか謎ですが、おそらく原作の21巻からシーンで登場すると思うので戦いのシーンがカットの方向もあるのでは…。

今回の作品も2部作構成で、四乃森蒼紫が出演するのはどちらか一方だと考察しており、もしかすると四乃森蒼紫が出ないかもしれない方?の映画を1本に絞って公開の可能性もあると思います。

映画内容は剣心の過去や雪代巴・雪代縁がメインなので、1本に絞ってまとめてくるのではないでしょうか?

ネット上でも楽しみに待っていた方が大勢いる中、また延期?やめて~~などるろ剣ファンが悲鳴をあげている状態です。

どうなってしまうのか?では延期や中止にならない理由について見ていきましょう。

【るろうに剣心】延期や中止にならない理由を考察

映画は既に撮り終わっていて代役はまず無いと…。

【るろうに剣心】延期や中止にならない理由の考察ですが、新型コロナウイルスが大きく関係していると思われます。

一度公開を延期して、また延期や中止?こんな都合のいい話はないと思われます。

なので公開されなければお蔵入りの可能性大なのでは…なのでお蔵入りさせない為には、1本に絞ってまとめてくる可能性大だと思われます。

※公式からの発表がありましたら追記していきます。

映画公開前に過去作再放送が必ずと言っていいほどありますよね。

過去作を楽しみにしている人もいますが、こちらは実写映画に1作目かもしかすると原作アニメなんてこともあり得るかもしれません!

映画早く見たいな~~~!

まとめ

るろうに剣心の映画2021はお蔵入り?

延期や中止にならない理由を考察

についてお伝えしてきましたが、まとめると…

  • 映画は公開されると考察
  • 代役は無いと思われる
  • シーンカットや一部作の公開も考えられる

コロナで随分待ったのにこの状況はショックですね。

とりあえず公式からの情報を待ちましょう!どうなるか来年まで待つしかないのか?

最後までお読みいただきありがとうございました。