ニュース

台風の影響での体調不良の理由は?気象病で気温や気圧の変化が原因か?

台風が来ると、自分の住まいに台風が直撃しないか心配になりますよね?

直撃しなくても実は安心はできないんです。なぜなら台風が回りに及ぼす影響は目に見えないから怖いんです。

台風が及ぼす影響についてお伝えしていきます。

台風の影響で体調不良の理由は?

普段はこんなことないのに台風が近づくと体調がおかしいなぁ~このような事、あったことありますよね?

全国に体調不良で困っている方は大勢いました!

台風が直撃しなくても周りに及ぼす影響を受けて、体調不良や動くことも出来ない方もいますし、これは大問題ですね。

何が原因で体に影響を与えるのか見ていきましょう。

気象病で気温や気圧の変化が原因か?

気象病とは…天気や気候の変化によって症状が出る、気圧の変化で症状の引き金となるそうです。

主にめまい、頭痛、肩こり、温度差による体調不良が起こるそうです。

台風の前後ではこのような気象の変化で辛い1日を過ごしたり、仕事に行くのもやっとだったり、酷い時は休む場合もあります。

この気象病は1年の中で9月が最も多い時期だそうです。

気温や気圧が私の体にどのような影響を起こすのか又なぜそうなってしまうのか?気象病のどのような変化が原因で起こるのか見ていきましょう。

気象病での気温の変化

台風の影響により気温の変化、つまり寒暖差があります。

人の体温は7度前後が一番敏感との情報がありました。1日の気温がジェットコースターのようなコースのように変化するのも気象病の特徴なのではないでしょうか?

コースのような変化が続けば対応することが出来ず体調を崩すそうです。もちろん7度前後の変化が起きています。

気象病での気圧の変化

台風の影響により気圧の変化で気圧変動が大きくなり症状が出ます。

気温の変化により、めまい、頭痛、肩こりが発症するそうです。体内のバランスが崩れるのが大きな原因とされているそうです。

変化の影響でボーとしたり違和感や体が重い感じがしたりするそうです。

急激な変化に体がついていけないのでしょう。

体調不良をどう対策するのか?

ではどのような対策をすればいいのでしょうか?

気温の変化に適応した服装が望ましい!急に気温が上昇、低下してもいつもと同じような服装はやめた方がいいとのこと。

その日その日で、気温に適応した身なりにしましょう。


気圧の変化により肩こりなど、血流がよくないことも影響するそうで、マッサージやストレッチも有効的とのことです。

ツボ押しも効果があるそうですよ!

対策についても自分にあった対処方を見つけていくのが課題です。

私も人に勧められた方法を試したりしましたが、結局合わなかったりすることがありました。なので色々試すのもありなのかもしれませんね。

まとめ

台風の影響での体調不良の理由は?

気象病で気温や気圧の変化が原因か?

体調不良をどう対策するのか?

についてお伝えしてきましたが、まとめると…

  • 体調不良を崩す方は全国にたくさんいる
  • 自分に合った対処方法を見つける
  • 台風が直撃しなくても安心できない

台風が起こると嫌なことばかり起きてイヤになりますね。デメッリトしかないですよね!メリットがあれば少しは喜ぶかもしれないのに…

最後までお読みいただきありがとうございました。