ニュース

台風の時に鳥はどこにいるの?飛んだり雨に濡れても大丈夫なのか?

台風の時に鳥はどこにいるのか気になったことありませんか?

いつも空を飛んでいる鳥は一体何処にいるんでしょうか?そー言えば台風の時に姿を見たこともないです。

生命に関わることですから安全な場所に群れで避難しているのか?鳥の謎についてお伝えしていきます。

台風の時に鳥はどこにいるの?

台風の時、鳥は一体どこに避難して、姿を隠しているのでしょうか?世界中に数え切れない程いる鳥の隠れる場所は確保されるのでしょうか。

疑問に思っている方がたくさんいましたので紹介していきます。

疑問に思っている方もいましたので、何処に避難するのか?避難すれば被害は無いのかについて見ていきましょう。

台風の被害や避難場所は?

・台風の影響で死んでしまう鳥も数多くいるそうです。

風速7m/秒を超えると鳥が飛んで移動をするのは難しいそうで…台風が来るのを自然にキャッチして行動するのではなく、天候の変化と共に行動するそうです。

では、どこに隠れているいるのか?人が作り出した建物をうまく利用していることが分かっているそうなんです。

人間では出入り出来ない、届かない隙間などが避難に最適な場所とされています。

避難出来る場所をあげますので、台風の時にいる可能性がありますよ。

  • 自分の巣
  • 換気口
  • 木の間
  • 歩道橋の下
  • ベランダの屋上
  • ビルの隙間
  • 家屋のひさし
  • 駅構内

など避難場所はあるけど、避難しているところは見たことがないです…汗

ここで注目すべきところは台風が来ているのに自分の巣にいる鳥がいることです!

自分の巣にいる鳥もいるそうなんです!ひな鳥や卵守る姿も目撃されていますが、巣ごと飛ばされたりと母鳥を苦しめているそうなんです。

母としての責任感や親としての気持ちが凄く伝わってきます。

鳥にとって台風は一番来てほしくない自然の力かもしれませんね。

飛んだり雨に濡れても大丈夫なのか?

雨に濡れると体力を奪われ、台風など長時間の戦いになると出来るだけ濡れないように体力を温存するそうで、天気の合間を見て食料の調達や行動をするそうで、基本的には濡れないように動かないでジッとしているそうです。

鳥は雨に濡れても大丈夫みたいですね。雨の日に飛んでいる鳥を見かける声もあります。

鳥の気持ちになって考えている方のいましたので、私もそう思ってしまいます。この書き込みは最高ですね。

雨に濡れると菌が増殖したりと鳥たちにはマイナスな面が強い印象です。

雨の日は飛ぶことはめんどくさいが、誰もいないところを飛ぶのは気持ちがいい~なぜか私たちの暮らしの真似をしているのでは…と感じてしまいます。

鳥の行動に納得や賛同してしまいます。

まとめ

台風の時に鳥はどこにいるの?

台風の被害や避難場所は?

飛んだり雨に濡れても大丈夫なのか?

についてお伝えしてきましたが、まとめると…

  • 台風の影響は鳥に大きく影響する
  • 避難場所はたくさんある
  • 人と鳥は共通する点があるのか?

台風の影響で鳥たちに多くの影響を及ぼしていることがわかりました。気にはなっていたけど自然の力は怖いですね。

鳥がどこに避難するのか気になる方がいましたので、この記事を読んで参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。